アレルギーについて

小児アレルギー性鼻炎とレーザー治療について

「よく大人はレーザーで粘膜を焼くと鼻炎が良くなると聞くので、子供でもやってみたいのですが?」と、言う質問をよく受けます。今回はこの御質問にお答えしたいと思います。

Q1小児でも鼻の粘膜を焼くと良くなりますか?


良くなるとは思います。
以下の報告によるとそれぞれ63.6~100%までの効果はあります。鼻炎の症状の中でも特に鼻閉「鼻づまり」に効果的と考えられます。

Q2小児では効果はどのくらい持続しますか?

ちゃんと揃った報告はありませんが小児に限定すると2年間持続することは少ないようです。だいたい2年未満、印象としては1年ちょっと、と思ってください
【報告3.4】



Q3先生はお勧めしますか?

まず、小児においてレーザー治療とアレルギー性鼻炎「ホコリやダニによる通年性やスギ花粉症を含みます」の報告ですが、まず皆無と言って良いほどありません。

あったとしても10年以上前の報告がほとんどです。

 そして、一番の問題は副作用の懸念です。成長過程にある小児の上気道粘膜に障害を与える事で、その健康と成長を阻害していないか長期間の観察が必要となります。しかし、それらは行われておらず2000年の報告【6.7】では臨床医に対して「この健康と成長阻害の問題点が解決されるまで手術療法(レーザー治療を含む)を考慮する場合、注意を払う必要がある」と勧告しております。しかし、その後も長期的な観察を行った報告はなく、この分野は小児において一時的に終了し完結していると考えます。

 結論として、ひとまずはレーザー治療をお勧めしません。

その代わりに、現在小児のアレルギー性鼻炎に対しては舌下免疫療法の使用により鼻症状の改善が望めます。鼻炎の症状でお困りの場合には、まずはアレルギー専門医を訪ねることをお勧めします。そして、その後また御相談致しましょう。

【報告1】
題名:小児鼻アレルギーに対するCO2レーザー手術症例の検討
雑誌名:日本鼻科学会会誌 45巻2号 177-181 (2006)

【報告2】
題名:小児鼻アレルギーに対するCO2レーザー下甲介粘膜焼灼術
雑誌名:小児耳鼻咽喉科 22巻1号 38-41 (2001)

【報告3】
題名:小児のアレルギー性鼻炎に対するKTPレーザー治療の有用性の検討
雑誌名:小児耳鼻咽喉科 32巻3号 352-359 (2011)

【報告4】
題名:小児スギ花粉症におけるレーザー治療
雑誌名:小児耳鼻咽喉科 22巻1号 34-37 (2001)

【報告5】
題名:Endoscopic laser treatment for pediatric nasal allergy
「小児鼻アレルギーに対する内視鏡レーザー治療」
雑誌名:Diagn Ther Endosc. 2000 6(4):189-92

【報告6】
題名:アレルギー性疾患・花粉症 アレルギー性鼻炎のレーザー治療は子どもにもできますか?何歳から可能ですか?
雑誌名:JOHNS 26巻9号 1412-1413

【報告7】
題名:A review of outcomes following inferior turbinate reduction surgery in children for chronic nasal obstruction.
「小児の慢性鼻閉塞に対する下鼻甲縮小術後の転帰のレビュー」
雑誌名:Int J Pediatr Otorhinolaryngol. 2010 74(1):1-6


【2020.3現在の情報であり今後更新は随時行っていきます。】