アレルギーについて

鼻炎の治療について

Q1うちの子供は鼻炎ですが治療した方が良いのでしょうか? くしゃみ、鼻水だけなので放っておいても別に問題ないのでは?

答えは、NOです。
なぜなら、その鼻炎のために子供達の成績が悪くなっているかもしれませんよ?
今回はその根拠のお話です。

 イギリスから15~17歳の子供達の花粉症が学校の成績に悪影響を及ぼすことが報告されております。
 イギリスでは、英語「国語」、数学、科学の3つが必須科目となっており、他は選択制です。この3つの必須科目の成績と花粉症の鼻炎症状が関連するのか?に関する報告のご紹介です。

 この中で、必須科目の成績が1教科でも1段階落ちた子供達の分析を行いました。すると、鼻炎の無い子供たちと比較して鼻炎のある子供達は成績の低下が認められました。

 そして、その中でも特に関連性が強い順に

①試験の時に鎮静作用の強い薬剤を使用している
②試験の時に症状がある
③試験の時に薬剤を使用している
④そして試験の時に症状が強ければ強いほど。

この4つが成績の低下と強い関連性が見いだされました。

Q2驚きです…。鼻炎があると成績が落ちるのですね…。

試験の時の鼻炎症状を放っておくと、お子さんの成績が下がる可能性があります。
保護者の方で、ご自身の子供の成績を気にしない人は居ませんね…。

 しかし、眠くなる副作用が強い薬を使用すると逆に成績が落ちます。適切な薬剤で鼻炎が治療できる医師を探しましょう。では、早速治療を開始しましょう。

題名:Seasonal allergic rhinitis is associated with a detrimental effect on examination performance in United Kingdom teenagers: Case-control study

「英国の10代の季節性アレルギー性鼻炎は試験成績の悪化と関連がある」

【2020.5現在の情報であり今後更新は随時行っていきます。】